トピックス

神原ロジスティクスが消防訓練を実施

2023年11月27日

[トピックス]

神原ロジスティクスが消防訓練を実施

水消火器を用いた消火訓練

神原ロジスティクスは、11月15日に福山物流センターで消防訓練を実施しました。

今回の訓練シナリオは、地震の影響で福山物流センター内の危険物倉庫で火災が発生したと想定したもの。このシナリオに基づき、消防訓練を行いました。

参加者は緊急時の対応要領に従い、迅速に消防署への通報を行うと同時に、要項にそって的確な避難誘導を実施。避難場所で人員点呼を行い、避難従業員の安全を確認したのち、危険物倉庫の防火シャッター・消火設備といった緊急設備の起動確認を行いました。加えて参加者は、水消火器・屋外消火栓を用いて放水・消火訓練を行いました。

消防署職員から「危険物倉庫内の消火設備には人体に有害な二酸化炭素が使用されていることが周知できていて、消火活動の妨げとならないよう倉庫周辺には駐車禁止エリアが設定されているなど、被害が拡大しないような工夫がなされている」と高評価を得ました。
 
「未来の価値を、いまつくる。」
神原ロジスティクスは今後も積極的に消防訓練を実施し、災害に対する備えを着実に進化させていきます。そして、未来に向けて、社員一丸となって協力し合い、より安全で安心な職場を築いていきます。

■神原ロジスティクス株式会社について
1978年設立の前身企業、常石ポートサービスより継承した物流事業を展開。海上輸送、通関、倉庫保管のほか、国内の陸上輸送など、総合的な物流サービスを提供。倉庫から店舗へのジャストインタイム納入や、倉庫での検品や修理も担い、荷主企業様の効率的な物流を支えています。さらに、NVOCC業者として、日本各地の港と中国・東南アジアを始めとした世界各国を結び、多様なサービスを組み合わせ、それぞれのお客さまに最適な物流ソリューションを提供しつづけています。
URL: https://www.kambara-logistics.com/
代表取締役:宮﨑 裕司
事業内容:通関業、倉庫業、貨物自動車運送業、貨物利用運送業、船舶代理店業
創業:1978年(昭和53年)
資本金:3,000万円
従業員:127人(2023年3月時点)
支店・事業所:阪神事務所、東京事務所
取扱貨物の実績:アパレル、雑貨、造船資機材、各種機械装置、危険品貨物